MRO Japan、沖縄・那覇で機体整備場の完成式典 地の利活かした受注活動へ

2018年11月12日 21:21

小

中

大

印刷

 11月9日付琉球新報によれば、『沖縄県は8日、MROジャパンが運営する航空機整備施設(MRO施設)の完成式典を、那覇空港内の同施設で開いた。2019年1月から航空機整備を始める。大阪(伊丹)空港からの移転となる』とのことである。

 MRO Japanは、2015年6月にANAホールディングスの100%出資で設立され、現在はジャムコ、三菱重工業、特殊法人沖縄振興開発金融公庫その他金融機関が出資している。

 MROとはM=Maintenance R=Repair O=Overhaulの略で、整備、修理、分解点検等を意味し、航空機整備の専門会社として2015年9月より大阪の伊丹空港において事業を開始した。

 沖縄県によれば、2013年度に総事業費187億円で同施設の整備に着手し、施設の総面積は2万9,000平方メートル、大型機1機と小型機3機を同時に格納できるとのことである。

 県の試算によれば、今回の整備施設の完成による経済波及効果は291億円とのことである。今後は、航空機装備品の保管や配送といった関連企業も誘致し、新たな雇用創出を目指す。

 2016年7月13日のANAの発表によれば、MROは、『初の国産ジェット旅客機であるMRJを開発する三菱航空機より、アジアにおけるMRJの推奨機体MROに選定され』たという。

 現在MROは、ANAやMRJの機体整備を主体としているが、特に今後のMRJの推移如何では、その整備需要に大きく影響することも考えられる。

 乱気流に巻き込まれた状態にあるMRJがこの危機から脱出して巻き返しに成功すれば、MROの需要拡大につながるからだ。

 同時に、那覇空港においては国内線はもとより、国際線、LCCの就航も増大しており、アジア各地に近いという「地の利」も活かした受注活動により、海外の航空会社からの整備需要も大いに期待できる。

 同式典において玉城デニー知事は「機体整備に派生して、機体部材の製造・補修などさまざまな需要が見込まれる。日本経済をけん引する、新時代沖縄への新たな一歩となる」と話した。(記事:kan1713・記事一覧を見る

関連キーワード沖縄県三菱重工業MRJ(三菱リージョナルジェット)三菱航空機MRO Japan

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース