ドトール、映画館で食べられる初の“ホットドック”発売 松竹とコラボで

2018年11月7日 08:50

小

中

大

印刷

「プレミアムホットドッグ(左)、 プレミアムチーズドッグ(右)」(写真:ドトールコーヒーの発表資料より)

「プレミアムホットドッグ(左)、 プレミアムチーズドッグ(右)」(写真:ドトールコーヒーの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「牛肉のデミグラスソース ~赤ワイン仕立て~ 」(写真:ドトールコーヒーの発表資料より)
  • 「ティラミスラテ(HOT・ICED)」(写真:ドトールコーヒーの発表資料より)
  • 「ミラノサンド 鴨肉のロースト ~ヴィネグレットソース~」(写真:ドトールコーヒーの発表資料より)
  • 「ブロンドショコラ・ラテ(ホット・アイス)」(写真:ドトールコーヒーの発表資料より)
  • 「プレミアム マイルドブレンド」(写真:ドトールコーヒーの発表資料より)

■映画館初のホットドック発売

 ドトールコーヒーは6日、松竹マルチプレックスシアターズとコラボし、映画館では初の“片手で手軽に食べられるホットドック”2種を発売した。「プレミアムホットドック」と「プレミアムチーズドッグ」で、松竹系シネコン10館で発売する。価格は、500円と550円(いずれも税込)。

■商品特長

 2商品は、「片手で手軽にスピーディーに食べられ、作りたてのおいしさを味わいたい」というニーズに応え、共同開発した。

 ホットドックは、パリッとした食感で、旨味のソーセージを香ばしい味のソフトフランスパンでサンドした。チーズドッグは、濃厚でマイルドな味のゴータチーズを使用。

 注文を受けてから調理し、焼きたてでアツアツの商品を提供する。モーニングやランチ、ビールのおつまみとして、色々なシーンで食べられる。

 取扱劇場は、MOVIX亀有、MOVIXさいたま、MOVIX仙台など、10館。

■冬の商品も発売

 また、ドトールコーヒーは15日より、ワンランク上を目指したエクセルシオールカフェで、イタリア料理の軽食あったかパニーニ「牛肉のデミグラスソース~赤ワイン仕立て~(540円)」と、まるでドルチェのようなラテドリンク「ティラミスラテ(S480円)」など、冬を彩る新商品を発売する。

 ドトールコーヒーショップでは15日より、冬だけの贅沢として、奥野シェフプロデュースのミラノサンド「鴨肉のロースト~ヴィネグレットソース~(490円)」や、第4のブロンドチョコを使った「ブロンドショコラ・ラテ(ホット・アイス)(S360円)」、冬の定番コーヒー「プレミアム マイルドブレンド(コーヒー豆200g 980円、ドリップカフェ5パック入450円)」も期間限定で発売する。

■ドトールコーヒーとは、

 ドトールコーヒーは、1980年に鳥羽博道が日本初のセルフサービス・スタイルのカフェ「ドトールコーヒーショップ」を誕生させた。当時1杯300円だったコーヒーを、150円の価格設定にし、“おいしいコーヒーが、早く、安く飲める”と評判になり、客の支持を得た。

 現在は、世界に1,124店舗(2018年2月末現在)を展開。他にも、エクセルシオールカフェや梟書茶房(ふくろうしょさぼう)なども展開している。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードコラボレーションドトールコーヒー松竹

「グルメ・食品」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース