愛知県警、360度VRによる交通安全教育シミュレーター導入へ

2018年11月6日 23:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 愛知県警がVRを活用した交通安全教育用シミュレータを導入するようだ。企画制作は凸版印刷が行い、2018年11月より導入される予定(Impress Watch凸版印刷の発表)。

 複数のヘッドマウントディスプレイを1台のPCから制御できるとのことで、教室などで複数の体験者が同時にコンテンツを体験できるという。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
VRによるATシミュレータ「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」、お台場にて稼動 2016年07月08日
ゲーム向け仮想現実、実現への道 2014年02月19日
富士通研究所、運転体験可能な広域道路交通シミュレーターを開発 2010年12月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードVRヘッドマウントディスプレイ凸版印刷交通安全

「ITソリューション」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース