台湾の列車脱線事故、車両に不具合が判明 事故に直接影響したかは不明

2018年11月3日 21:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 先日台湾で特急列車の脱線事故が発生したが、事故が発生した車両を製造した日本車輌製造が、「列車自動制御保護システム(ATP)」関連で不具合があったことを明らかにした(毎日新聞)。

 事故の直接の原因は減速せずにカーブに突入したためとされているが、事故前に運転士がATPをオフにしていたとされる。本来であればATPをオフにした際に司令室に通知が送られるはずが、不具合によってこれが通知されなかったという。発注時の仕様書通りに製造指示用の図面が書かれていなかったのが原因だそうだ。ただ、これが事故の直接の原因では無いと同社は説明している。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | IT

 関連ストーリー:
台湾で特急列車の脱線事故、少なくとも18人死亡 2018年10月23日
米アムトラック、新路線の運行初日に脱線事故。安全装置は設置されておらず 2017年12月22日
米ペンシルベニア州で183両編成の貨物列車が脱線、貨物のLPガスなど炎上 2017年08月04日
福知山線脱線事故、JR西の歴代3社長全員が無罪確定 2017年06月15日
TGV試験走行中に脱線事故 2015年11月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード台湾

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース