経団連会長室にPCが導入され話題に

2018年10月28日 11:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今年5月に日本経済団体連合会(経団連)の会長に就任した日立製作所の中西宏明会長が経団連会長執務室にPCを設置したという話が話題になっている(AbemaTIMESハフィントンポスト)。

 経団連会長執務室にPCを設置したのは中西氏が初めてだという。報道によると、経団連会長に対しては基本的に担当者が口頭などで説明をしていたため、業務にPCが不要だったとされている。

 中西氏は東大の電気工学科卒業後スタンフォード大学大学院でコンピュータエンジニアリング学修士課程を修了しており、日立製作所で情報・通信関連の業務に従事。PCが普及する以前からコンピュータを現場で触っていたという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | IT

 関連ストーリー:
経団連会長、副業・兼業は推奨できないと述べる 2017年12月21日
経団連が繁忙期の残業時間について「月間100時間未満」には設定できないと主張 2017年03月12日
経団連による少子化対策への提言、賃金引き上げなどには強く踏み込まず 2015年04月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日本経済団体連合会(経団連)日立製作所

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース