東京湾岸で石炭火力発電所の建設が予定、出力計437万kW

2018年10月27日 00:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia曰く、 東京湾岸で計5基、437万kWの石炭火力発電所の建設が予定されており、これに対し反対の声が出ているようだ(東京新聞)。

 日本では原発が避けられていく。しかし、その引き換えは何なのか。再エネは面積効率が悪く、環境負荷も疑問が残る。最も汚いのは石炭だが、一般にローコストで即応性もそんなにないので、ベースロードに向いている。

 今時の石炭火力でも環境対策は進んでないのかな? CO2までは気にしないかもしれないが。経営戦略として石炭火力は参入するメリットがあるから、こうして計画されているのだろう。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 日本 | 電力

 関連ストーリー:
太陽光発電は石炭火力の2倍以上の雇用を米国で生み出している 2017年02月14日
中国、石炭火力発電所104カ所の建設計画を停止 2017年01月24日
インドの石炭火力発電所で二酸化炭素を回収し重曹に転換するシステムが導入される 2017年01月12日
関西電力が関東進出、千葉県に石炭火力発電所を建設へ 2015年04月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード火力発電

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース