OPPOの「Find X」でもベンチマーク不正が発覚

2018年10月26日 11:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ベンチマークソフト「3DMark」の開発元UL Benchmarksが18日、OPPOのスマートフォン「Find X」および「F7」で不正があったと発表した(PCWatchiPhone Mania)。

 Google Playストアで公開されている3DMarkと、一般公開されていない「プライベート版」の3DMarkではスコアが著しく異なったという。理由としては実行するアプリケーション名によってCPUコアの動作周波数を変えるという動作を行なっているためのようだ。

 ULは計算量に応じてアプリケーションに割り当てるリソース量を変動させることについては認めているが、単純にアプリケーション名だけで割り当てるリソース量を変えることは認めていないとしており、OPPOが不正を行っているとしている。

 特定のベンチマークソフトウェアに対しリソース割り当て制限を解除するような行為については以前より問題となっており、ULはほかの製品と同じように、Find XとF7についてもベンチマークランキングから削除したとしている。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | 携帯電話

 関連ストーリー:
Huawei、ベンチマーク不正問題を受けて全アプリで「パフォーマンスモード」を利用可能にすると宣言 2018年09月10日
チート疑惑のあるSamsungおよびHTC製端末、ベンチマークテストのランキングページで晒し上げ状態に 2013年11月28日
ベンチマーク最適化、多くの端末メーカーが採用 2013年10月06日
特定のベンチマークアプリでのみリミッターを解除するSamsung Galaxy S4 2013年08月02日
NVIDIAのベンチマーク不正に対応した3DMark03アップデート 2003年05月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle PlayOPPO

「ケータイ・スマホ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース