トモニホールディングス<8600>のフィスコ二期業績予想

2018年10月21日 14:27

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:27JST トモニホールディングス<8600>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年10月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

トモニホールディングス<8600>

3ヶ月後
予想株価
470円

徳島銀行、香川銀行、大正銀行を傘下に収める銀行持株会社。JR西日本と業務提携。東京・大阪圏でも店舗を増やす。役務取引等収益、国債等債券売却益は増加。法人税等の減少が寄与し、19.3期1Qは2桁最終増益。

18年6月末の連結自己資本比率は9.02%。中小企業向け、個人向け貸出金ともに増加。19.3期通期利益予想には上振れ余地。株価は全体相場次第だが、450円レベルで底堅い展開。業績上振れ期待も下支えへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/71,800/-/14,700/9,750/59.65/8.00
20.3期連/F予/72,200/-/15,200/9,950/60.87/8.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/10
執筆者:YK《FA》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース