KDE、外付けHDDの「安全な取り外し」実行時のスピンダウンが可能に

2018年10月19日 23:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 KDEで外付け(USB)HDDの「Safely Remove(安全な取り外し)」実行時にスピンダウンする(HDDの電源を切る)機能がようやく搭載されるそうだ(PhoronixAdventures in Linux and KDE)。

 KDEでは安全な取り外しを実行してもHDDがスピンダウンしないため、安全に取り外せる状態になっていなかった。修正は約3週間後にリリース予定のKDE Framework 5.52で追加され、最後のパーティションをアンマウントするとドライブが対応していればスピンダウンするようになるという。この問題は2011年4月に報告されており、7年たってようやく修正されることになる。

 スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | 電力 | バグ | KDE | ストレージ

 関連ストーリー:
スピーカから音を流すだけでHDDを破壊する音響攻撃「ブルーノート」 2018年06月01日
Seagate、HDD内で複数のヘッドを別々に動かせる「マルチアクチュエータ技術」を発表 2017年12月22日
昨今のHDDは熱によるプラッタの消耗によるトラブルが多い? 2017年09月22日
SSD 内のデータを完全に消去するのは難しい 2011年03月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードLinux

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース