セイコー、日産とイタルの車にインスパイアされた受注生産時計を3個限定販売

2018年10月16日 10:25

小

中

大

印刷

Grand Seiko Sport Collection Spring Drive Chronograph GMT featuring Nissan GT-R50 by Italdesign コンセプトモデル。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)

Grand Seiko Sport Collection Spring Drive Chronograph GMT featuring Nissan GT-R50 by Italdesign コンセプトモデル。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • Nissan GT-R50 by Italdesign

 セイコーウオッチは、国産腕時計の代表と言うべき同社のブランド「グランドセイコー」から、日産とイタルデザインの共同開発車「Nissan GT-R50 by Italdesign」からのインスパイアによって生まれた、完全受注生産のカスタムメイドモデルを発表した。販売数量は、最大で3本。価格は、カスタムメイドであるので若干の変動は生じようが、最低税抜2,000万円であるという。

【こちらも】日産・GT-Rとジウジアーロ率いるイタルデザイン、ともに50周年を記念した共作

 正式な商品名は「Grand Seiko Sport Collection Spring Drive Chronograph GMT featuring Nissan GT-R50 by Italdesign」。グランドセイコーの象徴と言うべきスポーティネスを体現するセラミックスモデルから発売される。セラミックスと金属のハイブリッド構造をベースとしており、硬いセラミックパーツが時計を傷から守りつつ、金属ケースとのコンビネーションによって高い装着性と防水性を実現する。

 なお、「メカニカル」「クオーツ」「スプリングドライブ」の3種のムーブメントから構築されるラインナップは、2010年のグローバル展開開始以来、世界屈指の真のマニュファクチュアールとして、世界中で高い評価を得ているという。

 ちなみに「Nissan GT-R50 by Italdesign」というのは2018年6月29日に公開された日産とイタルデザインの共同開発車である。現在、銀座のショールーム「NISSAN CROSSING」で公開されており、価格は1億円を超えるが、既にして購入希望の声は予定を上回っているという。

 なお、取扱店は和光本館1館階の「セイコーフラッグシップサロン」。オーダー受付開始は既に始まっている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース