キャンバス 「CBP501と免疫チェックポイント阻害剤等の併用に関する特許」が米国特許査定受領

2018年10月1日 08:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:42JST キャンバス---「CBP501と免疫チェックポイント阻害剤等の併用に関する特許」が米国特許査定受領
キャンバス<4575>は27日、抗癌剤候補化合物CBP501に関する特許出願について、米国特許庁から特許査定を受領(国際出願番号15/331,478)したことを発表した。

本特許は、開発中の抗癌剤候補化合物CBP501を含む類縁ペプチド/ペプチド模倣物群に関する用途特許。CBP501と免疫チェックポイント阻害抗体などを併用投与することに特許性が存在すると認められたものである。

現在、免疫チェックポイント阻害抗体とシスプラチンとの3剤併用による臨床試験を米国で実施しており、医薬品として承認された場合には、その投与方法が特許によって保護されることになる。

同社は創業前も含め約20年間、癌細胞を直接叩く薬剤(抗癌剤候補化合物)の研究開発に取り組んできた。その蓄積された薬剤と知見ノウハウを、現在最も注目されている免疫系抗癌剤と併用することで、長期生存並びにその先には癌の治療効果の発揚を目指している。

CBP501を含む化合物群に関する物質特許は既に米国、欧州主要国および日本などで成立している(国際出願番号2003/059942)が、9月3日に公表した投与対象を白血球数で絞り込む用途特許や本件特許によって、CBP501を含む化合物群が特許によって保護される実質的な期間が大きく延長されると期待されている。したがって、CBP501の開発が上市した場合の期待収益予想値も大幅に増大すると同社ではみている。《NB》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース