トヨタ、ポルトガルのバス製造会社に燃料電池システムを供与

2018年9月28日 14:59

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

トヨタの技術供与を受けてカエタノ・バス社が製造するゼロ・エミッション車「燃料電池バス」。路線バス用途として欧州の各国で販売する予定だ

トヨタの技術供与を受けてカエタノ・バス社が製造するゼロ・エミッション車「燃料電池バス」。路線バス用途として欧州の各国で販売する予定だ[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車と、トヨタの欧州事業を統括するToyota Motor Europe(TME)は、水素利用の拡大に向けて、ポルトガルでバスを製造・販売するカエタノ・バス社(Caetano Bus SA)に、燃料電池(Fuel Cell/FC)システムを供給することで合意した。

【こちらも】トヨタ、燃料電池大型トラックの改良型 米で公開 航続距離1.5倍に

 カエタノ・バス社は、2019年秋を目指して、FCスタックや高圧水素タンクなどを含むFCシステムを搭載した路線バスを開発・製造し、欧州で走行実証試験を開始する。

 TMEのヨハン・ファンゼイル社長の談話によると、「カエタノ・バス社へのFCシステムの提供は、低炭素社会の実現を目指すなか、水素の優れた環境性能はもとより、水素の実用的な利活用を示している。FCバスは、他のゼロ・エミッションバスと比べて、航続距離が長く、充填時間が短いのが特徴。このことから、長距離、そして利用頻度が高い路線バスでの運用に適する。長年のパートナーであるカエタノ・グループによる初めてのFCバスを、欧州で走らせることを楽しみにしている」とした。

 カエタノ・バス社の親会社であるサルバドール・カエタノ社のホセ・ラモス(Jose Ramos)社長もコメントを発表し、「水素がゼロ・エミッション実現に向けた本命だと信じており、欧州で初めてトヨタの優れたFC技術を享受することを誇りに思っている。これは、当社の世界トップクラスのバス開発・製造技術を確かなものとするよい機会だと考えている」と述べた。

 カエタノ・バス社は、カエタノ社の商用車の開発・製造子会社として1946年より生産を開始し、近年は電気バスを開発、欧州各国に販売している。また、カエタノ社とトヨタは、1968年、商用車の欧州への供給拠点として「トヨタ・カエタノ・ポルトガル」を設立。長年にわたり構築した信頼関係に加え、バス開発・製造の実績を踏まえて、今般、FCバスの分野でも協力することになった。

 トヨタグループは、水素の持続的利用に向けて、乗用車に加え、大型・小型トラック、フォークリフトやバスなどへのFC技術の幅広い応用も含めて技術開発・商品展開を推進。今後も、低炭素社会の実現に貢献するため、さらなる取り組みを進める。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
SDGs17、経営者はエネルギー関連分野に強い関心~日本能率協会調査
トヨタ、米で燃料電池大型商用トラックの改良型を公開、実証実験を拡充
ホンダ、プラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV」を追加、発売

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車燃料電池FCバス

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース