フットサル“全力応援メディア”「SAL」が正式オープン

2018年9月10日 08:01

小

中

大

印刷

(画像: イミオ)

(画像: イミオ)[写真拡大]

写真の拡大

 フットボール関連事業を手掛けるイミオは8日、フットサル専門のメディアサイト「SAL」を正式オープンした。今年6月から試験的に運用を行っており、「日本のフットサル人口を増やしたい・さらに盛り上げたい」として、“フットサル全力応援メディア”として、「SAL」を本格的にオープンする。

 「SAL」は、フットサルの3大要素である「見る(試合観戦)」「蹴る(プレー)」「着る(ファッション)」の視点がうまくサイクルするように仕掛けられている。Fリーグ(日本フットサルリーグ)の試合会場に足を運ぶようなコアファンはもちろん、自らプレーするのが好きなプレーヤー、おしゃれなフットサルウェアに興味がある女性ユーザーなども楽しめるコンテンツとしている。

 「見る」では、フットサルのプロリーグ「Fリーグ」ファンを増やすための競技に関する情報が満載。試合日程、順位表、選手名鑑をはじめ、選手の素顔が見えるインタビューなども掲載。

 「蹴る」では、日本全国のフットサル施設ガイドやFリーグの人気選手によるテクニック動画など、自分でプレーする人のための技術や戦術、施設などの情報を掲載。

 「着る」では、フットサルウェアの着こなしや最新ファッション情報、専門家が教えるシューズの選び方、デザイナーが語るブランドのこだわりなどを紹介していく。

 フットサルへの興味入口は違っても、一度サイトに入ってしまうと初心者からエキスパートまでフットサルへの興味・関心がくすぐられるように構成されている。フットサルは子供からシニアまで誰もがプレーできるスポーツである。自分もやってみたいという人はまずはこのサイトを訪れれば、きっとフットサルへの情熱がみるみる湧き上がることだろう。(記事:久保圭大郎・記事一覧を見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース