GlobalFoundries、7nmプロセスを中止へ

2018年9月1日 00:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 半導体製造を手がけるGlobalFoundriesが、7nmプロセスでの製造を中止するという。同社によると、7nmプロセスの需要がないことが理由だという(GIGAZINERegisterArs Technica)。

 同社の顧客の多くは14nmおよび12nmのFinFETプロセスに注目しているため、こちらにリソースを集中させたいという以降のようだ。7nmプロセス製造工程に必要な設備投資が高コストであるという事情もある。

 また、GlobalFoundriesの7nmプロセス中止のため、AMDは7nmプロセスを採用する次世代CPUやGPUをTSMCで製造することを明らかにしている

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ビジネス

 関連ストーリー:
三重富士通セミコンダクター、台湾UMCに売却が決定。富士通はこれですべての半導体工場を売却したことに 2018年07月10日
Samsung、7nmプロセスに向けたEUVリソグラフィ技術を開発 2017年06月13日
Intel、AMDから分離独立した半導体製造会社にはライセンスを認めないと主張 2009年03月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード半導体

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース