PC不要でiPhoneを充電しながらバックアップ、カードリーダー発売

2018年8月29日 20:59

小

中

大

印刷

「400-ADRIP010W」(画像: サンワサプライの発表資料より)

「400-ADRIP010W」(画像: サンワサプライの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「400-ADRIP010W」(画像: サンワサプライの発表資料より)

 サンワサプライは、充電しながらiPhone内の写真や動画などを自動的にバックアップするMFiカードリーダー「400-ADRIP010W」を29日に発売した。このカードリーダーはパソコン不要で使え、ACアダプタとケーブルの間にはさむだけで使用できる。販売価格は5,537円(税抜)で、iPhone X/8/8 Plusにも対応している。

【こちらも】サンワサプライ、iPhone/Android対応のワイヤレス充電器 コンパクトで急速充電

 「400-ADRIP010W」でバックアップできるのは写真、動画、連絡先のみ。使い方は3ステップとシンプルで、microSDカードを本製品に挿入したのち、ACアダプタに本製品を挿し込んでライトニングケーブルにつなぐだけ。ただし、事前に専用アプリ「Qubii」をダウンロードする必要がある。Qubiiでは「カードの残り容量」「カード内データの確認」「データのバックアップ」「iPhoneにデータを復元する」など、データを管理できるようになっている。

 充電する時間がない、パソコンを開くのが面倒という時でも便利にバックアップが取れる。さらに本製品はパソコン用microSDカードリーダー、iPhoneの充電器としても使用できる3WAY仕様だ。

 注意事項としては、USB充電器はApple純正ACアダプタを使用とのこと。iPhoneのデータ消失に備えたい人や容量不足対策をしたい人は、充電しながら手軽に使えるこのカードリーダーを試してみてはいかがだろうか。

関連キーワードAppleiPhoneサンワサプライiPhone X

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース