「粉末水素水」発売、奥長良川名水が岐阜大・東京工科大と共同開発

2018年8月24日 18:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 岐阜県の奥長良川名水が、岐阜大、東京工科大との共同研究により開発したという「粉末水素水」を発売する(岐阜新聞)。

 この商品は「ハイドロエッグ水素パウダー」という商品名で、水に溶かすと「48時間以上水素が発生する」という。価格は1包3g入り30包で8400円(税別)。分類としては「粉末清涼飲料」で、原材料はブドウ糖、難消化性デキストリン、マルトース/二酸化珪素、水酸化カリウム、塩化マグネシウム、酸化マグネシウム、L-トリプトファン、L-グルタミンとなっている。

 商品ページによると、この「水素発生粉末」は岐阜大学・応用生物科学部で「樹木を中心とした植物抽出成分の構造と生理機能について研究している」という光永研究室や、東京工科大学工学部応用化学科/大学院サステイナブル工学専攻で触媒に関連する研究をおこなっている原研究室と共同開発したという。

 なお、「日本初の特許技術」を用いているとされており、使われている特許として特許第4881472号(「ペットボトルに充填可能な飲用水素水の製造方法」)および特許第4696178号(「水素含有水の製造方法」)が挙げられている。ただ、これら特許は「水素水を粉末化する」ことに関連するものではなさそうである。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ニュース | 変なモノ | サイエンス

 関連ストーリー:
マスプロ電工、健康分野に参入。「ポータブル水素吸引器」を発売へ 2018年05月17日
続々と登場する謎の水 2018年05月16日
「水素水」を「がんに効く」かのようにうたって販売したスーパー、書類送検される 2017年06月28日
伊藤園、今度は「アミノ水素水」を発売 2017年03月31日
国民生活センターの水素水に関する報告書に対し複数の水素水関連業者が反論 2017年01月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード岐阜県水素水

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース