ウェザーニューズは台風のピンポイント影響予想などアプリ拡充が注目されて高い

2018年8月23日 12:57

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■天気アプリ「ウェザーニュースタッチ」(iOS版)をリニューアル

 ウェザーニューズ<4825>(東1)は23日の後場、3215円(30円高)で始まり、小幅だが2日続伸基調となって出直りを強めている。23日付で、「台風進路予想を市区町村単位までズーム表示、iOS版アプリのレーダー機能を強化」と発表し、注目されている。

 台風の進路予想を市区町村単位までズーム表示するアプリについては、天気アプリ「ウェザーニュースタッチ」(iOS版)をリニューアルし、台風のピンポイント影響予想など、台風情報を拡充した。同アプリ内の「雨雲レーダーCh.」の『Zoomモード』に、新たに「台風モード」を設け、同モードでは、地図の拡大・縮小やスクロールがスムーズに行えるため、台風の進路や暴風警戒域の予想をより詳細に確認することができるという。また、同じ画面上の「3本の予測モデル」では、ウェザーニュース・気象庁・JTWC(米軍合同台風警戒センター)の進路予想を比較できるとした。あなたの街の「雨風ピーク予想」に加え、「台風との距離」や「強風・暴風域内に存在する時間」もわかるという。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース