リボミック 大幅に反発、疼痛治療薬の抗NGFアプタマーが米国で物質特許査定/新興市場スナップショット

2018年8月22日 09:14

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:14JST <4591> リボミック 417 +5
大幅に反発。藤本製薬(大阪府松原市)と共同で米特許庁に出願していた抗NGF(神経成長因子)アプタマーに関する物質特許について、特許査定を得たと代理人から通知からあったと発表している。NGFの作用を阻害するアプタマーをカバーする物質特許で、日欧で権利化されている。米国での特許査定に伴い、疼痛治療薬として開発中のRBM004が知的財産権面でさらに強固に保護されることになるという。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース