欧州為替:ドル・円は安値圏、新興国通貨安で米長期金利低下

2018年8月17日 18:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:17JST 欧州為替:ドル・円は安値圏、新興国通貨安で米長期金利低下

 欧州市場でドル・円は一時110円60銭台に弱含んだ。足元は110円70銭付近でもみ合う展開。トルコリラや南アランドが下落し、米10年債利回りが2.85%台に低下しており、ドル売りに振れている。ユーロ・ドルは1.14ドル超えでストップロスが出たようで、一時1.1419ドルまで上昇した。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円68銭から110円74銭。ユーロ・円は126円06銭から126円44銭、ユーロ・ドルは1.1386ドルから1.1419ドルで推移。《KK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース