2018年の仮想通貨ヘッジファンド設立、2017年ペース上回る【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年8月11日 05:57

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*05:57JST 2018年の仮想通貨ヘッジファンド設立、2017年ペース上回る【フィスコ・ビットコインニュース】
 仮想通貨関連のヘッジファンドは2018年度も記録的なペースで新たに設立されているとの調査結果がでた。2018年、7月31日時点で、96社の仮想通貨ヘッジファンド、ベンチャーキャピタルファンドが設立されたという。年ベースにすると165社。2017年の156社を上回ることになる。

調査を実施したCrypto Fund Research(CFR)の創設者、Gnaizda氏は声明の中で、投資家の需要の増加を考えると当然のことながら、本年の価格の下落や取り締まり強化など、逆風が強まる中での新たなファンドの設立の増加はある意味で驚きだとした。

変動率が高い仮想通貨市場は洗練されたファンドにとっては魅力となる。しかし、もし、弱気相場が続いた場合、このような数のファンドを市場が支援できるかどうかいまだに不透明だと加えた。

全般的なヘッジファンドインダストリーは3.2兆ドルの資産を管理している。その中で、仮想通貨ファンドは71憶ドルの資産を管理しているに過ぎない。多くの機関投資家は依然様子見姿勢だという。

米国内で252社ある仮想通貨ファンドのうち、米証券取引委員会(SEC)に登録しているファンドは84社に過ぎず、ほとんどのファンドの規模は小さく、登録する必要がないという。《KY》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース