AMD、第2世代「Ryzen Threadripper」発表 12コアが$649、32コアが$1799

2018年8月9日 11:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 AMDがRyzenシリーズCPUの最上位シリーズ「Ryzen Threadripper」新モデルを発表した。今年4月に発売された第2世代Ryzenをベースとしたもので、コア数がそれぞれ12・16・24・32個の4モデルが用意される(Engadget Japanese4gamerASCII.jp)。

 型番/コア数/クロック周波数/L3キャッシュ容量/予想価格は次の通り。

 2990WX:32コア64スレッド、3.0GHz(ブースト時最大4.2GHz)、64MB、1,799ドル 
 2970WX:24コア48スレッド、3.0GHz(ブースト時最大4.2GHz)、64MB、1,299ドル 
 2950X:16コア32スレッド、3.5GHz(ブースト時最大4.4GHz)、32MB、899ドル 
 2920X:12コア24スレッド、3.5GHz(ブースト時最大4.3GHz)、32MB、649ドル AMDによると、2990WXおよび2970WXがワークステーション向け、2950Xおよび2920Xがエンスージニスト(特に高い性能を求める一般消費者向け)という位置付け。競合となるIntel Core i9シリーズの最上位モデル(7980XE)は18コア/36スレッドで22万円前後という価格なので、スペックや価格上の競争力は高そうだ。

 スラドのコメントを読む | AMD

 関連ストーリー:
AMD、2018年第2四半期の決算で過去7年で最高益を達成 2018年08月01日
AMD、IntelのCore i7-8086K当選者に対しRyzen最上位モデルと交換するキャンペーンを展開へ 2018年06月22日
AMD Ryzen Threadripper第2世代は32コア/64スレッド 2018年06月13日
AMDが第2世代Ryzenを発売 2018年04月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAMD (アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース