タイの少年救出、地球観測衛星「だいち2号」のデータも提供

2018年7月21日 20:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 タイで雨季のため水位が上がった洞窟に少年らが取り残される事件があったが(過去記事)、この救出作業のためJAXAの地球観測衛星「だいち2号」によって撮影された詳細な地形の画像が提供されていたそうだ(西日本新聞)。

 だいち2号はLバンド(1.2GHz帯)の電波を使用して高分解能の地形観測を行える観測衛星。今回、日本の国際協力機構(JICA)経由で上空から現場の詳細な地形データを提供したという。このデータは洞窟周辺で救助用の穴を掘る際の利用が想定されていた。最終的にはダイバーによる救助が行われたものの、この協力に対しタイ国王からの感謝状が送られたという。

 だいち2号では、最近では6月26日に噴火活動が開始したガラパゴス諸島シエラ・ネグラ山の観測や、7月に西日本を襲った豪雨の観測などに活用されている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | JAXA | サイエンス

 関連ストーリー:
イーロン・マスク、タイの洞窟少年救助用に開発したマシンを現地に送り届けるも使われず 2018年07月11日
水没したタイの洞窟に閉じ込められた少年らの救出作業は長期化か、イーロン・マスク氏も協力へ 2018年07月08日
JAXA、全世界の陸地の標高データを集めたデータセットを無償公開 2015年05月19日
陸域観測技術衛星「だいち」運用終了 2011年05月14日
陸域観測衛星「だいち」,観測データの一部を非公開に 2006年05月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードタイ(国)宇宙航空研究開発機構(JAXA)

広告