NY原油:大幅反落で68.06ドル、サウジアラビアや米国による供給増加の思惑

2018年7月17日 07:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:33JST NY原油:大幅反落で68.06ドル、サウジアラビアや米国による供給増加の思惑
NY原油先物8月限は大幅反落(NYMEX原油8月限終値:68.06 ↓2.95)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比−2.95ドルの68.06ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時67.58ドルまで売られた。サウジアラビアが一部アジア諸国に対して契約内容を超える原油供給を提案しているとの一部報道や、トランプ米政権が戦略石油備蓄の取り崩しを検討しているとの見方が原油先物相場を圧迫した。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 左から「のどごしなめらか 冷し山菜おろしそば」、「のどごしなめらか ざるそば」、「冷しとろろそば」。(画像:ファミリーマート発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 利用のイメージ。(画像: ベルキンの発表資料より)
  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース