名車のレンタカーサービスにロータス「エキシージSロードスター」が登場

2018年7月15日 06:58

小

中

大

印刷

ロータス エキシージS ロードスター。(画像:タイムズモビリティネットワークス発表資料より)

ロータス エキシージS ロードスター。(画像:タイムズモビリティネットワークス発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 タイムズモビリティネットワークスは、同社が運営する「憧れの名車貸し出しサービス」Service Xに、7月13日からオープンカー「ロータスエキシージSロードスター」が導入されたと発表した。同サービスにおけるロータスからの導入は、「エリーゼ」に続いて2車種目。

【こちらも】テスラ「Model X 90D」レンタカーに初導入

 Sevice Xは、レンタカーサービス「タイムズカーレンタル」の中のサービスの中の1つで、「憧れの名車を愛車に」というコンセプトのもと、全国7都市で展開されているものである。ポルシェやジャガー、ケータハムなどを1時間2,700円(税込)からという予算で利用できる。

 「ロータスエキシージSロードスター」は、「ロータスエリーゼ」の好評を受けて導入されるものであるという。特にミドル層(35~55歳)の男性に人気で、車体が軽くパワーがあるため、走破感がダイレクトに感じられるという特徴がある。

 さて、「ロータスエキシージSロードスター」の導入は、東京都内でも最もSevice Xの利用が盛んな、「タイムズカーレンタル有楽町イトシア店」での貸し出しとなる。

 仕事帰りのリフレッシュにショートドライブを楽しんだり、記念日や休日に特別な車で出かけたりと、このサービスの車を第二の愛車としてほしい、というのが基本コンセプトだ。

 なお、今回の追加により、Sevice Xは全国で計10車種21台が利用可能となった。

 以下にSevice Xの利用条件を示す。

・タイムズクラブ会員であること(その場での入会も可能)
・利用時点での年齢が満25歳以上であること
・有効なクレジットカードを保有していること
・日本の普通自動車免許を取得後、3年以上が経過していること

 なお、タイムズクラブの入会金、年会費は無料である。ポイントプログラムなども存在する。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードレンタカー

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース