アマゾンがプライベートブランド拡大 食品・日用品の「SOLIMO」を追加

2018年7月12日 21:37

小

中

大

印刷

「SOLIMO(ソリモ)」のロゴ。(画像:アマゾンジャパン発表資料より)

「SOLIMO(ソリモ)」のロゴ。(画像:アマゾンジャパン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「SOLIMO シーチキン Lフレーク 70g×10缶」
  • 「SOLIMO スカルプD スカルプパックコンディショナー 350ml」

 アマゾンジャパンは、プライベートブランドの拡充を発表した。同社では「Amazonブランド」と呼称しているが、食品・飲料ブランドの「Happy Belly(ハッピーベリー)」、日用品ブランドの「Presto!(プレスト)」、ベビー用品ブランドの「Mama Bear(ママベアー)」に加え、新たに、食品や日用品など幅広いカテゴリーを扱うブランド「SOLIMO(ソリモ)」を展開する。

【こちらも】アマゾン、「Kindleインディーズマンガ」開始 個人が無料で漫画配信可能に

 アマゾンが日本で、消費財カテゴリーにおける初のプライベートブランドを打ち出したのは2016年、「ハッピーベリー」導入時のことである。その後、プレスト、ママベアー、それに「Wickedly Prime(ウィキッドリープライム)」が加わった。6月からは「ソリモ」が新たなに導入されている。

 これらのAmazonのプライベートブランド商品は、通常のアマゾン、Amazonパントリー、Prime Now、Amazonフレッシュなどの各カテゴリにまたがって販売されている。

 ちなみにウィキッドリープライムは、プライム会員限定販売のブランドである。「美食家のためのブランド」と銘打たれており、食への探求心を刺激するワンランク上の食品の提供を目標に掲げる。

 ソリモは日用品のブランドであるが、こちらも7月31日まではプライム会員限定という扱いになっている。なお、ソリモのみはAmazonの完全なオリジナルではなく、各メーカーとのダブルブランド商品の展開もはかっている。

 一例として、アンファー「スカルプD」とのダブルブランドによる「SOLIMO スカルプD」という商品がある。男性用ヘアケアシリーズで、シャンプー、パックコンディショナー、トニックと並んでいるのだが、頭皮ストレスにアプローチして頭皮環境を整える新シリーズとして打ち出されているものだ。(藤沢文太)

関連キーワードAmazon.co.jp

「IT・情報通信業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース