大日本印刷、人工知能使った漫画のデジタル着色サービスを商用化へ

2018年7月11日 22:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 大日本印刷が、人工知能技術を使って漫画を着色するサービスを商用化する(日刊工業新聞)。

 日本の漫画作品はほとんどがモノクロだが、海外ではカラーの漫画が多く、作品を海外展開する際に着色することも多い。大日本印刷が開発したシステムはコマの内容から自動的に着色が行えるというもので、その後人間による細かい修正を加えて仕上げるというものだそうだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ビジネス | 人工知能 | アニメ・マンガ

 関連ストーリー:
AIによるモノクロ写真の自動着色がGoogleフォトにも登場予定 2018年05月11日
アニメ制作現場での人工知能技術導入により人間の労働者が淘汰される可能性 2017年02月15日
テレビアニメ「サザエさん」、「セル画」制作を廃止し完全デジタル制作に 2013年10月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)大日本印刷

「ロボット・人工知能(AI)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース