名古屋高裁、大飯原発の再稼働を認めないとした地裁判決を取り消す

2018年7月9日 23:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2014年、福井地裁が福井県の関西電力・大飯原発について再稼働を認めない判決を下したが(過去記事)、7月4日、これに対する控訴審となる裁判の判決が名古屋高裁金沢支部から出された。判決の内容は「大飯原発の運転再開に当たり原子力規制委員会が行った審査に不合理な点はない」というもので、1審の判決を取り消す結果となった。

 1審では大飯原発の安全性について「確たる根拠のない楽観的な見通しのもとに初めて成り立つ脆弱なもの」としていたが、今回の判決では「大飯原発の危険性は社会通念上、無視できる程度にまで管理・統制されている」と判断された。同原発については2017年に原子力規制委員会から新規制基準に合致するとの審査結果が得られている(過去記事)。

 また、裁判所側は原発の廃止・禁止について議論することは司法の役割を超えているとし、その上で国の新規制基準そのものや原子力規制委員会の審査に不合理な点は認められないとし、「原発の危険性は社会通念上無視できる程度にまで対策が取られている」と結論付けた。

 これに対し原告側は「大飯原発の危険性に対する市民の負担は払拭されるどころか、ますます深まった」なとど主張、今後も原発の運転停止を求めるとしている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 日本 | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
原子力規制委員会、大飯原発3、4号機について新基準適合を認める 2017年02月24日
川内原発1号機、営業運転に。来年10月の定期検査まで運転へ 2015年09月14日
福井地裁の大飯原発運転差し止め判決に対し日本原子力学会が批判 2014年05月30日
福井地裁、「危険あれば当然」大飯原発の再稼働認めず 2014年05月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード名古屋福井県原子力発電所原子力規制委員会関西電力裁判

「原子力発電・放射能」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース