夏ドラマ「サバイバル・ウェディング」に期待!演技に定評ある波留が主演

2018年7月8日 09:54

印刷

公式サイトで見られる波瑠と伊勢谷の姿。コメディタッチ全開なのがわかる(c)日本テレビ

公式サイトで見られる波瑠と伊勢谷の姿。コメディタッチ全開なのがわかる(c)日本テレビ[写真拡大]

■2018年春ドラマに続き夏ドラマで波留が主演を演じることに!

 2018年も7月に入り、いよいよ折り返し地点となった。4月からスタートしたドラマは終わり告げ、そして新たに夏ドラマの情報がどんどん開封されつつある。

【こちらも】有村架純主演の感涙映画『コーヒーが冷めないうちに』特報解禁

 その中でも注目したいのが、日本テレビの新土曜ドラマ「サバイバル・ウェディング」だ。本作では春ドラマに引き続いて出演する波留が主演で登場し、その相手役は伊勢谷友介が担当する。タイトルや出演陣共に興味の惹かれる内容だが、まずはあらすじをチェックしておきたい。

■「サバイバル・ウェディング」のあらすじ

 黒木さやか(波留)は出版社に勤務する結婚適齢期の29歳。そんな彼女も3か月後には挙式をひかえ、会社の人たちに惜しまれながらも寿退社をすることになる。しかし、その夜に結婚を約束した男の浮気が発覚し、なぜか男性側から婚約破棄を申し渡される。

 一夜にしてすべてを失ったさやかはとにかく仕事を探すこととなり、人気雑誌のカリスマ編集長・宇佐美博人(伊勢谷友介)の元に面接に向かう。しかし、彼は性格に難アリの毒舌ナルシストで、ほぼ初対面のさやかに「なぜ、お前が男に捨てられたか教えてやろうか?それはな、お前の市場価値が相対的に低いからだ」と言い出す。

 仕事になりそうもない人物との対面にさやかは動揺するも、彼は再就職の条件として「オレの言う通りに婚活して半年以内に結婚すること」、「結婚に至るまでの婚活記録を雑誌で連載すること」と命令してきたのだった。ひどすぎる条件だが、後のないさやかの地獄のような婚活がスタートする。

■実力派女優の波瑠と個性派俳優が共演!

 女性読者の9割が「面白い!」と絶賛した小説「SURVIVAL WEDDING」が原作の本ドラマ。設定やあらすじからも期待感が高まる内容となっているが、本作の主人公・さやかを演じるのは「あなたのことはそれほど」、「未解決の女 警視庁文書捜査官」などドラマ出演が続く波瑠だ。彼女はNHKの連続テレビ小説「朝が来た」で認知度をグッと上げるなど、今最も乗っている女優の1人だ。

 さらに、その相手役となる毒舌上司役は伊勢谷友介が担当。独特な雰囲気であらゆる作品で存在感を残し、本作でもかなり味のある役どころを演じることになっている。波瑠と伊勢谷は本作がはじめての共演となるようだが、どのような掛け合いを見せてくれるのか今から楽しみなところだ。

 「サバイバル・ウェディング」は7月より毎週土曜日22時から日本テレビにて放送。(記事:藤田竜一・記事一覧を見る

関連キーワード

関連記事