「保守速報」への名誉棄損裁判、高裁も賠償金支払い命じる

2018年7月3日 19:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 まとめサイト「保守速報」が名誉棄損などで200万円の賠償を命じられた裁判の控訴審で、大阪高裁も1審判決を支持し200万円の賠償支払いを命じる判決を下した(NHK)。

 保守速報側は1審と同じく単なる転載で名誉棄損や侮辱などの意図はないと主張しているが、裁判所は同サイトによるまとめは意図に基づいて新たに作成したものと判断、悪質であるとした。

 スラドのコメントを読む | 法廷 | スラッシュバック

 関連ストーリー:
エプソン、ユーザーからの「通報」を受けて偏向まとめサイトへの広告出稿を停止 2018年06月15日
東名高速の追突事故に関するデマを流した複数の人物に対し名誉棄損の疑いで家宅捜索が行われる 2017年12月24日
まとめサイト「保守速報」、名誉棄損などで200万円の賠償を命じられる 2017年11月16日
ネットで広がるデマが原因で、事件とは無関係な企業に嫌がらせが多数発生 2017年10月19日
2ちゃんねるがまとめサイトを「許諾制」に 2015年09月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード裁判

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース