NHK、受信契約は契約者が亡くなっても解約しなければ継続

2018年6月28日 18:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NHKの受信契約は契約者が亡くなっても継続され、相続者に対し請求が届くという(ロケットニュース24事実を整える)。

 NHKの受信規約には契約者の死亡時に関する条項がないため、届け出がない限り契約は続くことになり、その結果受信料支払いの債権が相続者に引き継がれることになるとNHKは主張しているとのこと。ただし具体的な判例はないため、裁判になった場合にどうなるかは不明。

 また、地上デジタル放送への以降前に契約者が亡くなった場合、受信設備がデジタル放送に対応せずに放置されているケースも考えられるが、これについてもNHK側がデジタル放送を受信できなくなったと確認しない限り契約は終了しないとNHKは主張しているようだ。

 スラドのコメントを読む | テレビ

 関連ストーリー:
東京高裁、ワンセグチューナー付き携帯電話所有者にはNHK受信契約の義務があるとの判決 2018年06月27日
ソニーの株主総会で株主から「NHKが見られない製品」の要望が出る 2018年06月21日
官庁はワンセグ対応携帯電話のNHK受信料を適切に支払っているのか 2018年04月02日
NHK受信料は20年滞納すると以後支払わなくてもよくなる? 裁判所で係争中 2018年01月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNHK裁判受信料

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース