Google Playで公開アプリのAPKファイル、セキュリティメタの追加始まる

2018年6月24日 18:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Googleは19日、Google Playで公開されるアプリのAPKファイルにセキュリティ関連メタデータの追加を始めたことを発表した(Android Developers Blogの記事Android Policeの記事SlashGearの記事The Registerの記事)。

セキュリティ関連メタデータの追加は昨年12月に発表されていたものだ。メタデータはAPK Signing Blockに挿入され、オフラインでAPKファイルを共有する場合にもGoogle Playから正規に入手したものであることが確認できるようになる。

通信コストの高い地域や通信速度の遅い地域では、Google Playから入手したアプリのAPKファイルを他の端末と共有してインストールするといったことが行われているという。メタデータの追加により、APKファイルの信頼性が高まるだけでなく、オフラインでインストールしたアプリもユーザーのGoogle Playライブラリーに追加され、アップデートを受け取ることが可能になる。

メタデータの追加はGoogle Play側で行われるため、開発者やユーザーは特に何もする必要はない。メタデータの追加に伴い、Google Playの最大APKサイズも調整されるとのことだ。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | ソフトウェア | Android

 関連ストーリー:
Android P Beta 2、グリーンサラダの絵文字からゆで卵が消える 2018年06月09日
Google Playから2017年に削除された不正アプリは70万本以上 2018年02月03日
Google Playで新規公開/更新するアプリ、最新APIをターゲットにすることが必須に 2017年12月23日
Google、一般ユーザー向けAndroidアプリでユーザー補助サービスの使用を禁止する方針か 2017年11月17日
Google Play、動作の安定したアプリが上位に表示されるようアルゴリズムを変更 2017年08月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidセキュリティGoogle Play

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース