スマートスピーカーの聞き取り性能、Googleが良好との調査結果

2018年6月22日 20:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 AmazonやGoogle、Appleなど各社が次々と参入しているスマートスピーカー製品だが、vocalize.aiがこれら製品9種について、聞き取り性能を比較・評価しているINTERNET Watch)。

 この比較記事では各社のスマートスピーカーをノイズを発生させた環境に設置し、その状態での認識率を調査している。その結果、Google製品の認識率が良好で、逆にAmazon製品やAlexaを採用した他メーカー製品は認識率が悪いという結論となったという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
経産省曰く、スマートスピーカーの誤判断によるネット通販注文は契約未成立となる 2018年06月13日
九州電力、独自のスマートスピーカービジネスに参入 2018年06月11日
Yandex、独自開発のスマートスピーカーを発売へ 2018年06月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAppleAmazonAlexa

「ITソリューション」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース