WRC第7戦、全車完走したチームトヨタ 今季初の表彰台に

2018年6月14日 09:17

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

FIA WRC第7戦で、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC #9号車)が総合3位で、今期初の表彰台確保を獲得した

FIA WRC第7戦で、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC #9号車)が総合3位で、今期初の表彰台確保を獲得した[写真拡大]

写真の拡大

 2018年「FIA世界ラリー選手権」(WRC)第7戦ラリー・イタリア サルディニアの競技最終日が6月10日、サルディニア島のアルゲーロを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC #9号車)が総合3位で、今期初の表彰台確保を獲得した。

 ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(#7号車)が総合7位で、オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(#8号車)が総合9位でフィニッシュ。ヤリスWRCは全3台が完走を果たした。

 ラリー・イタリアの最終日デイ4は、アルゲーロの北側で4本のスペシャルステージ(SS)が行なわれた。前日から続いた好天により路面は全体的にドライコンディションだったが、それでも一部濡れた路面も残り、突然タイヤがグリップを失うような難しいコーナーも数多くあったという。

 3日目のデイ3で総合3位に順位を上げたラッピは、2位とも4位ともタイム差が大きく開いていたため、無理に攻めることはせず安定した走りを続け総合3位を堅守した。今シーズン初めて表彰台に上がり、ドライバーズ選手権ランキング4位に順位を上げた。

 オルタネーターのトラブルにより3日目最終SSを終えた後リタイアしたラトバラは、サービスでクルマを修復しラリー2規定に基づき再出走。デイ3よりもひとつ順位を上げ、総合7位でフィニッシュし、ポイントを獲得。

 また、3日目で再出走したタナックはトップ3タイムを何度も記録し、ボーナスの選手権ポイントがかかる「パワーステージ」に指定された最終SSでも3番手タイムをマーク。貴重な選手権ポイントを獲得しドライバーズ選手権ランキング3位の座を守った。

 WRCの次戦は、7月26日から29日にかけて、フィンランドのユバスキュラを中心に開催される第8戦「ラリー・フィンランド」だ。ユバスキュラ近郊にファクトリーを構えるTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamにとってはホームイベントとなる。昨年はラッピがWRC初優勝を果たし、ユホ・ハンニネンが3位に入るなどチームにとって2017年のベストラリーとなりました。

 ラリー・フィンランドはWRCでもっとも平均速度が高いグラベルラリーであり、サスペンション、エアロダイナミクス、エンジンパフォーマンスなど、クルマの総合的なパフォーマンスが求められるレースだ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
WRC第5戦ラリー・アルゼンチンで、チーム・トヨタが今季初優勝
チーム・トヨタ、RC第2戦「ラリー・スウェーデン」、3車ともに完走
2018 WRC緒戦、チームトヨタ「ヤリスERC」2位、3位、7位で全車完走
参戦過熱「Formula E」、勝利のカギはパワーエレクトロニクス
WRC 9th「ラリー・フィンランド」で、チーム・トヨタ3rdマシン、12号車優勝

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車世界ラリー選手権

広告

写真で見るニュース

  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース