NY原油:反発で66.10ドル、原油増産の思惑はやや後退

2018年6月12日 07:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:35JST NY原油:反発で66.10ドル、原油増産の思惑はやや後退
NY原油先物7月限は反発(NYMEX原油7月限終値:66.10 ↑0.36)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比+0.36ドルの66.10ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて66.35ドルまで買われた。石油輸出国機構(OPEC)加盟国やロシアによる原油増産の有無を見極める必要があるとの見方が広がり、原油増産の思惑はやや後退していることから、原油先物は底堅い動きとなった。米朝首脳会談に対する関心はあまり高くなかったようだ。《CS》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
  • 大型低温重力波望遠鏡KAGRA (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース