凸版印刷、コンクリートに加飾デザイン可能な「べトンフィット」開発

2018年6月6日 21:52

小

中

大

印刷

べトンフィットを用いた製品例(写真:凸版印刷の発表資料より)

べトンフィットを用いた製品例(写真:凸版印刷の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 凸版印刷は5日、コンクリートの硬化を遅らせる特殊インキを印刷し、意匠性の高い多様なデザインを付与できるコンクリート用加飾工程紙「べトンフィット」を開発したと発表した。コンクリート製品の製造工場やゼネコン、デベロッパー向けに、5日より販売を開始する。

【こちらも】凸版印刷、高級感ある印刷が可能な冷凍食品向け紙容器を開発

 ホテルやリゾート施設、ショッピングセンターなどは、施設の機能性・利便性・経済性に加えて、話題性も重要な要素だ。施設の新築・改装需要が増加する中、それらの外壁については強度や耐久性に加えて、意匠性の高いものへのニーズも高いという。

 コンクリートへの加飾と言えば、型押しや彫刻、タイル貼りなどが一般的だが、精巧で多様なデザインを再現することは困難だった。

 使用方法は簡単だ。精巧なデザインを描いたべトンフィットを、コンクリート型枠の底に敷き、生コンクリートを流し込んで固めたあと水洗いする。特殊インキを使用したデザイン部分は、コンクリートの内面が露出して絵柄を発現させる。

●べトンフィットの特長

 従来の型押しや彫刻、タイル貼りなどによる加飾と異なる点は、印刷方式であることだ。コンクリートに意匠性の高い加飾デザインを付与でき、加えて仕上がりもイメージし易い。

 この印刷方式は、表面を削る形でデザインを表現。プレキャストコンクリート製品でありながら、彫刻方式でしか実現できなかったコンクリートの表面色と内部色の2色でのデザイン表現を可能にした。

 工期の短縮と安定した生産性も魅力だ。従来の型押し手法と異なり金型が不要なため、工期を短縮できる。また、印刷方式の工程紙は、ロール形状で供給。生産性向上につながる。

●コンクリートへの加飾(凸版印刷、べトンフィット)のテクノロジー

 コンクリートの硬化を遅らせる特殊インキと工程紙の開発がブレークスルーであろうか。その原理は不明であるが、さらに2色でのデザイン表現を可能にしている。

 設計価格は1平方メートル当たり2万円と高価であるが、従来方式の金型作成や彫刻に比べれば、妥当な価格設定なのであろうか。2020年に20億円の売上を目指す。(小池豊)

関連キーワード凸版印刷

「製紙・印刷業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース