Jトラストが急伸、カンボジアの大手商業銀行の株式取得や株主優待の導入を好感

2018年5月18日 11:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■11時過ぎに9%高の885円(73円高)まで上げ年初来の高値を更新

 Jトラスト<8508>(東2)は18日、再び上値を追いながら11時過ぎに9%高の885円(73円高)まで上げ、年初来の高値を更新した。14日に株主優待の開始を発表し、17日にはカンボジアの大手商業銀行ANZ Royal Bank(Cambodia)Ltd.(本社プノンペン、以下ANZR)の株式取得を発表。好感買いが集まった。

 発表によると、ANZRは、コーポレート及びリテールからなる2つのセグメントを有し、多様な金融商品を中心とした質の高いサービスと安全性でカンボジア国内では高く評価されている。また、カンボジア国内の上位1%の企業と人口5%の富裕層を顧客対象とする低リスク市場にフォーカスした事業戦略をとっているという。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • CX-30(写真:マツダ発表資料より)
  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース