人気ゲーム「PUBG」開発元、初期メンバーに1億~5億円のボーナス支給

2018年5月8日 10:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 人気の対戦型オンラインゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(PUBG) を開発した韓国PUBG Corp.が、同作の開発にかかわった初期メンバー20人に10億ウォン(約1億円)から50億ウォン(約5億円)のボーナスを支給したそうだ(AUTOMATON東亜日報MK NEWS)。

 20人のうち16人はゲームの開発を担当し、残りの4人は広報・企画、経営などを担当したという。これとは別に、ディレクター兼ゲームデザイナーの「PLAYERUNKNOWN」ことBrendan Greene氏にはロイヤリティが支給されるとのこと。加えて、ゲームの発売後に入社した社員300人に対しても平均3000万ウォン(約300万円)のボーナスが支給されたとのことである。

 PUBGの売り上げは7億1200万ドル(約780億円)と言われているが、巨額のボーナスは極めて異例のこととして報じられている。日本でも往時の任天堂はボーナスが凄かったという伝説があるが、同業者のタレコミ子としては羨ましい限りである。

 PUBGは世界的にヒットしており、PUBG社が一部の他メーカーの類似作に対し法的措置を取ったことも話題となった。

 スラドのコメントを読む | ゲーム

 関連ストーリー:
バトルロイヤルゲーム「PUBG」開発元、「荒野行動」などを著作権侵害として提訴 2018年04月09日
中国、バトルロイヤル系ゲームを規制へ 2017年11月01日
「ゲームジャンル」は特許で保護されない 2017年10月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国

「ゲーム関連」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース