中国大手IT企業、男性のみ募集や容姿要件の求人広告出したと批判受ける

2018年4月28日 11:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国で求人における性差別が蔓延していると人権団体が批判している(BloombergWedgeSlashdot)。

 問題とされているのは大手IT企業の求人が男性ばかりだということや、女性の求人については容姿に関する条件が設定されているケースが多いこと。阿里巴巴(Alibaba)や百度(Baidu)、腾讯(Tencent)といった大手IT企業が美人社員の存在を自慢するケースもあるといい、たとえばTencentは「美しい女性の存在が入社理由の1つだと男性社員が語る」という求人広告を出していたという。

 この指摘を受け、AlibabaやBaidu、Tencentは指摘を受け入れ対応する方針を示したという。また、これら企業は管理職などに多く女性を採用しているとも述べている。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 中国

 関連ストーリー:
採用に使われる面接用AIが人種差別をする可能性 2018年04月25日
米国の求人広告で増加する要件「デジタルネイティブ」は年齢差別? 2015年05月06日
redditのCEO、男女の給与を公平にするため雇用時の給与交渉は行わない 2015年04月12日
米国で「新卒のみを対象とした求人」は違法であるという議論が起こる 2014年06月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国Baidu

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース