ホンダ、中国専用EVのコンセプトカー「理念 EV CONCEPT」発表

2018年4月26日 23:53

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

4月25日に開幕した北京モーターショーでホンダが発表した中国専用のEVコンセプト「理念 EV CONCEPT」

4月25日に開幕した北京モーターショーでホンダが発表した中国専用のEVコンセプト「理念 EV CONCEPT」[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダは、中国・北京で開催されている2018年北京モーターショー(第15回北京国際汽車展覧会/プレスデーが4月25日~26日、一般公開日が4月29日~5月4日)において、中国専用電気自動車(EV)のコンセプトカー「理念 EV CONCEPT」を世界初公開した。

【こちらも】世界最大の自動車市場・中国を睨んだ電動車開発競争をめぐる各社の動き

 この「理念 EV コンセプト」は、本田技研科技(中国)有限公司と広汽本田汽車有限公司(広汽ホンダ)との共同開発により、中国市場専用に投入する初の量産EVのコンセプトモデルだ。広汽ホンダの自主ブランドである「理念」のモデルとして2018年内の発売を予定している。

 また、この量産EVは昨年出資を発表した中国のカーシェアリング事業会社Reachstar(リーチスター)社のカーシェアリングサービスを通じて、シェアEVとしても活用する予定している。

 また、今回のショーのホンダブースでは、中国で2018年後半に発売を予定している「ACCORD HYBRID(アコード ハイブリッド)」(販売元:広汽ホンダ)を初めて公開しているほか、同じく2018年後半に発売予定の新型セダンのコンセプトモデル「INSPIRE CONCEPT(インスパイア コンセプト)」(販売元:東風本田汽車有限公司)などを出展している。

 ホンダは、今後もCO2ゼロ社会の実現に向けた電動化商品の拡充を加速させ、中国で2025年までに20機種以上の電動化モデルの投入を予定している。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、中国で2020年までに10車種の電動車を新たに追加すると発表
日産、北京モーターショーで「シルフィ ゼロ・エミッション」世界初公開
日産リーフ、2017年度世界販売、前年比約15%増の5万4451台
経産省、次世代自動車の戦略会議でEVを重視
日産の電動カーゴ車「e-NV200」のバッテリーを大容量化して発売

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業ハイブリッド車電気自動車中国コンセプトカーアコード

関連記事