マイナンバーカードが保険証がわりに 厚労省が計画

2018年4月25日 11:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2020年度よりマイナンバーカードを健康保険証がわりに利用できるようにすることを厚生労働省が明らかにしたという(時事通信)。

 診療報酬の審査業務を行う「社会保険診療報酬支払基金」のシステムを利用し、保険運営者にマイナンバーと保険証番号を紐付けて登録してもらう。医療機関はこのシステムに問い合わせを行なって保険情報を照会できるようにするという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | YRO | IT | 政府 | プライバシ

 関連ストーリー:
「IDとパスワードだけでオンラインで確定申告可能に」という話、スマホからの利用ではマイナンバーカードが必要に? 2017年11月06日
マイナンバーカードに公共施設利用カード機能を付加するマイキープラットフォーム 2017年09月29日
マイナンバーカードでチケット転売防止、ぴあが導入へ 2017年07月13日
マイナンバーのポータルサイトでJavaが必須となった理由 2017年01月26日
マイナンバーカード、保険証や図書館カードに利用拡大へ 2017年01月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード保険マイナンバー厚生労働省

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース