【銘柄フラッシュ】クラウドワークスが急伸しラクト・ジャパンは売国のTPP参加期待など受け活況高

2018年4月13日 17:08

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 13日は、インターアクション<7725>(東1)が25.1%高となって東証1部の値上がり率1位。12日に発表した第3四半期決算の大幅増益が好感されて2006年以来の高値を更新。

 2位はCSP<9740>(東1)が14.2%高となり、やはり12日に発表した2月決算と今期の営業利益45%増の見通しなどが好感されて急伸。

 3位はラクト・ジャパン<3139>(東1)の13.6%高となり、減益だったが、米トランプ大統領がTPP(環太平洋経済連携協定)への復帰を示唆したと伝えられて高い。

 ファステップス<2338>(東2)は10.0%高と2日続伸して出直りを拡大し、10日発表の2月決算と今期の完全黒字見通しなどが材料視されて2007年以来の高値。TONE<5967>(東2)は10日に発表した第1四半期決算の2ケタ増益などが好感されて一時16.5%高まで上げ、大引けは8.5%高。

 クラウドワークス<3900>(東マ)は「働き方改革」を追い風にグループ月間総契約額10億円突破などが注目されて17.5%高と一段高。トランザス<6696>(東マ)は米半導体大手へのウェアラブルデバイス納入が注目され12.2%高と急伸。CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は業績見通しの増額やトヨタ販売店への「360度ビューWeb動画」採用などが注目され10.6%高。

 伊豆シャボテンリゾート<6819>(JQS)は伊豆半島が世界自然遺産の候補となっていることなどが再び注目されて16.4%高と出直り急伸。リリカラ<9827>(JQS)は訪日観光客の増加を受けホテルなどの改装、インテリア需要が言われ11.5%高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロック・フィールドは既存店好調で18年4月期増収増益予想(2018/02/08)
【業績でみる株価】シー・エス・ランバーは売られ過ぎ感、18年11月期2桁増益・増配予想(2018/02/15)
【注目銘柄】スズデンは好業績評価して上値試す、18年3月期増額して大幅増益・増配予想(2018/02/15)
【業績でみる株価】ユナイテッド&コレクティブは18年2月期減益予想だが19年2月期の収益拡大期待(2018/02/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース