南鳥島海底で高濃度のレアアース発見

2018年4月13日 12:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 小笠原諸島・南鳥島周辺の排他的経済水域海底に、大量のレアアースが存在することが分かったという(毎日新聞日経新聞)。

 レアアースが見つかったのは、南鳥島沖の海底にある泥。この泥を採取して分析したところ、ジスプロシウムやイットリウム、テルビウムといったレアアースが高濃度で含まれていることが分かったという。また、泥からレアアースを高濃度で抽出する技術も開発されており、レアアースの採取元として期待できるようだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス

 関連ストーリー:
大同特殊鋼と本田技研工業が重希土類を使わないネオジム磁石を開発 2016年07月13日
貴金属やレアアースを使わない排ガス触媒が開発される 2016年02月09日
南鳥島沖海底でのレアアース発見、中国を脅かす? 2013年03月29日
東大らの研究チーム、太平洋の泥から大量のレアアースを発見 2011年07月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード排他的経済水域小笠原諸島

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース