Microsoft、Windows NT4のファイルマネージャをオープンソース化

2018年4月11日 14:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 MicrosoftがWindows NT4に搭載されていたファイルマネージャ(WinFile)をオープンソースで公開した(GitHubリポジトリ)。ライセンスはMITライセンス。

 ファイルマネージャはWindows 3.xに搭載されていたファイル管理ソフトウェア。Windows 95以降は標準のファイル管理ツールの座をExplorerに譲ったが、しばらくの間はオプションとして別途インストールできた。

 今回公開されたファイルマネージャはWindows NT4版をベースに現行のWindowsでコンパイル・実行できるよう修正を加えた上で、いくつかの新機能を追加しているとのこと。もちろん64ビット化もされている。バイナリについては現行のWindowsでコンパイル・実行するための最低限の修正のみを加えたバージョン(「origina_plus」タグ)と、新機能追加版(「v10.0」タグ)の2種類が公開されている。

 スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | Windows

 関連ストーリー:
ビル・ゲイツ、Ctrl+Alt+Deleteについて語る 2017年09月23日
Officeアシスタント「クリッパー」がVisual Studioの拡張機能として復活 2017年08月31日
Microsoft、CodePlexを終了へ。「GitHubがデファクトになった」 2017年04月04日
GitHub上で公開されていた流出したWindows NT4のソースコード、削除される 2015年04月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsGitHubオープンソース

「プログラミング」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース