順天堂医院で50年前に新生児取り違えか DNA鑑定で発覚

2018年4月11日 15:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 順天堂医院で約50年前に新生児の取り違えが発生しており、病院側がその事実を隠していたと週刊新潮が報じている

 週刊新潮の続報でその詳細が報じられているが、母親から「血のつながりがないかもしれない」と告げられてDNA検査を行ったところ親子の可能性が0%だと判定されたため、分娩を行った順天堂医院に確認したところ問題が発覚。病院側は取り違えを認めたという。

 この報道を受けて順天堂医院は取り違えを認め、経緯を説明している時事通信)。また、取り違えた相手はある程度絞られているとのことだが、「専門家の意見を基に、50年以上経過後にお知らせすることによって、現在の平穏な生活を乱し、取り返しのつかないことになるのではないかと考え、お知らせしないことといたしました。」としている。

 スラドのコメントを読む | ニュース | 医療

 関連ストーリー:
米国の死因第3位は医療ミス? 2016年05月09日
「この子は自分の子じゃない」としてDNA鑑定した結果、実際に父親が異なる例は1~3割程度 2016年04月16日
手術の結果産婦を死なせた刑事責任を問われた「大野病院事件」、無罪判決が下る 2008年08月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース