『火垂るの墓』など手がけた高畑勲監督が死去 仏大使館からもコメント

2018年4月8日 18:49

小

中

大

印刷

 映画『火垂るの墓』などで知られる高畑勲監督が肺がんのため、4月5日に都内の病院で死去していたことがわかった。享年82歳。この訃報は翌6日、スタジオジブリが書名で明らかにしたことで、多くのファンが高畑監督の突然の死を惜しんでいる。

 高畑監督は宮崎駿監督と共に日本アニメーション界をけん引してきたひとりだ。また親仏家としても知られており、フランス大使館からは追悼のコメントが寄せられている。

■『火垂の墓』や『おもひでぽろぽろ』の高畑監督が死去

 4月5日、日本アニメーション界の巨匠・高畑勲(たかはた いさお)監督が肺がんのため東京都内の病院にて死去していたことが、スタジオジブリの書面で翌6日明らかにされた。享年82歳。

 高畑監督はジブリ映画『火垂るの墓(1988年)』、『おもひでぽろぽろ(1991年)』、『平成狸合戦ぽんぽこ(1994年)』などを手がけており、今年2018年は監督デビューから50年となる節目の年でもあった。また最後の作品となった『かぐや姫の物語(2013年)』は、第87回アカデミー賞長編アニメ賞にもノミネートされている。

 スタジオジブリでは鈴木敏夫プロデューサーが宮崎駿監督と相談し、「ジブリとして盛大なお別れ会をとり行い、見送ることにしました」と発表。また「さぞかし無念だと思います」と、高橋監督の死を深く偲ぶコメントを述べていた。

 なお通夜、葬儀などは親近者のみの執り行われ、5月15に「お別れ会」が営まれる予定だ。

■各界からも追悼のコメントが寄せられる

 『アルプスの少女ハイジ』などでも海外から高い評価を受けていた高畑監督は、2015年にフランス芸術文化勲章オフィシエを受賞していた。そのためフランス大使館からはローラン・ピック在日フランス大使名義で「この偉大なアーテキストは、その傑作でフランスでも愛されていました」とTwitter上でお悔やみの言葉が述べられている。

 『じゃりんこチエ』でチエの父親・テツ役の声優を演じたお笑い芸人の西川のりお氏は、「高畑監督と言えばさまざまな作品を生み出した方ですが、私にとっては『じゃりン子チエ』の『テツ』を作った方です」と、所属事務所を通じてコメントを発表。脚本や原作などを手がけている辻真先(つじ まさき)氏は「『屋根の上のチッカポッカ』が実現に至らず、とうとう仕事でごいっしょできなかったのが残念でなりません」とのコメントを出している。

 高畑監督追悼として急遽、4月20日の「金曜ロードSHOW!」では『火垂るの墓』ノーカット放送を決定。この作品で高畑監督は演出・脚本を担当し、ブルーリボン特別賞や文化庁優秀映画など数々の賞を受賞している。

 いちアニメファンとして高畑監督のご冥福を心よりお祈りしたい。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワードフランススタジオジブリ宮崎駿鈴木敏夫アルプスの少女ハイジ高畑勲

「芸能」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース