防衛大学校卒業時の自衛官への任官辞退者、今春は38人 昨年より6人増

2018年3月20日 10:48

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 今春の防衛大学校卒業生のうち、任官辞退者が38人にのぼったことがわかった。昨年より6人増となった。

 防衛大学校は陸海空の各自衛隊の幹部自衛官を養成するために税金を投入し、学生には毎月の手当として月約11万円が支給されているほか、6月と12月には期末手当(平成27年4月での額では年間約35万円)が支給されている。在学中は全員学生宿舎に住まい、被服、寝具の貸与、食事支給がある。

 任官辞退は進学希望の者もいるようだが、家庭の事情や民間企業への就職希望など、それぞれ理由は違うよう。卒業時に任官を辞退しても、在学中に受給した手当の償還は現行ではしなくていいことから、手当てをもらって知識を得たことになるなど、一般大学に学ぶ学生との不公平感は否めない。

 この不公平感を解消することも含め、任官辞退者に250万円の償還をさせる法案が過去に国会に提出されたが、審議未了になっており、現在は返還の義務はない。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
自衛隊への入隊が前提の奨学金 防衛省検討
防大で任官辞退増「安保法制原因は当たらない」
現場の一つ一つの活動が国益に直結と総理が訓示
防衛大学校、21日卒業式 1割が任官辞退
徴兵制を提起させたのは総理か?

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自衛隊

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース