独AUDI、e-dieselと並ぶ「e-gasoline」の開発に成功 「e-fuel」開発の一環

2018年3月20日 10:50

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

独アウディ社がAudi e-fuel開発の一環で進めている、再生可能エネルギーからつくるバイオマス燃料の一種「e-gasoline」の生産に成功した。写真はそのプラント

独アウディ社がAudi e-fuel開発の一環で進めている、再生可能エネルギーからつくるバイオマス燃料の一種「e-gasoline」の生産に成功した。写真はそのプラント[写真拡大]

写真の拡大

 独アウディ社が、ザクセン=アンハルト州ロイナのGlobal Bioenergies S.A.と共同で、過去最高となる60リッターのバイオマス燃料の一種で合成ガソリンである「e-gasoline」の生産に成功したと発表した。

【こちらも】アウディ初の電気自動車「e-tron」のプロトタイプ公開

 アウディによると、Audi e-fuelは、これまでのすべてのAudi e-fuelと同じく、数多くの利点を備え、原油に依存せず、既存のインフラと互換性があり、クローズドカーボンサイクル実現の可能性を提供するという。

 e-gasolineは、本質的に液体イソオクタン(C8H18)で、現在バイオマスから2段階のプロセスで製造される。第1段階で、ガス状のイソブテン(C4H8)を製造。第2のステップで、水素を加えることでイソブテンをイソオクタンに変換するという。この燃料には硫黄とベンゼンが含まれていないため、燃焼時に汚染物質が極めて少ないことが特徴となる。

 アウディは現在、テストエンジンでこの燃料の燃焼とエミッション特性を調査している。現在までに分かっていることは、Audi e-gasolineが非常に優れた耐ノッキング性を備えた高純度な合成燃料だということ。エンジン圧縮比をさらに高め、効率を向上させる可能性を提供するという。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
アウディQ2のデビュー1周年を記念して発売となる400台の限定車
アウディ、アッパーミドルセダン「A6」が新型にスイッチして欧州デビュー
メルセデス、4世代目となる新型Aクラス(W177)、アムステルダムで公開
アウディジャパン、「A1 Sportback Pianissimo Edition」を限定発売
輸入車販売も好調だった2017年国内新車販売、トップはメルセデス・ベンツ

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードバイオマスAudi

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース