国内旅行者数、2017年は前年比1.0%増

2018年3月16日 14:50

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

観光庁は先月21日、旅行・観光消費動向調査2017年間値と10-12月期の速報を公表。年間の国内旅行者数は6億4720万人、前年比1.0%増。宿泊旅行0.7%減、日帰り旅行2.6%増。消費額は21兆1028億円、0.7%増。 

観光庁は先月21日、旅行・観光消費動向調査2017年間値と10-12月期の速報を公表。年間の国内旅行者数は6億4720万人、前年比1.0%増。宿泊旅行0.7%減、日帰り旅行2.6%増。消費額は21兆1028億円、0.7%増。 [写真拡大]

写真の拡大

 2017年は訪日客が2800万人を上回り、インバウンドの観光需要は順調に伸びている。一方、緩やかな景気回復が持続するなか、日本人の国内観光も回復傾向で推移しているようだ。先月21日、観光庁は「旅行・観光消費動向調査」の17年年間値と17年10-12月期の速報を公表した。

【こちらも】訪日外国人客の消費額、2017年は初の4兆円超え 1人当たりは2年連続減少

 速報値によれば、17年の年間における日本人の国内延べ旅行者数は6億4720万人で前年比1.0%の増加となり、うち宿泊旅行が3億2,346万人で前年比0.7%の減少、日帰り旅行が3億2,373万人で前年比2.6%の増加となっている。

 国内旅行の消費額は21兆1028億円で前年比0.7%の増加、うち宿泊旅行が16兆520億円で前年比0.1%の増加、日帰り旅行が5兆509億円で前年比2.6%の増加となっている。1人1回当たり旅行単価は、宿泊旅行で4万9625円、前年比0.8%の増加、日帰り旅行が1万5602円で前年と変わっていない。

 10-12月期では、旅行者数が1億4928万人で前年同期比0.6%減、うち宿泊旅行が7528万人で同2.9%減、日帰り旅行が7400万人で同1.9%増。旅行消費額は5兆219億円、前年同期比0.8%減、うち宿泊旅行が3兆7811億円で同1.4%減、日帰り旅行が1兆2409億円で同0.9%の増加となっている。

 1人1回当たり旅行単価は、宿泊旅行が5万224円で1.6%の増加、日帰り旅行が1万6768円で1.0%減少となっている。宿泊旅行は横ばい傾向で日帰り旅行は増加傾向であり、宿泊旅行から日帰り旅行へシフトしている兆候もみられる。

17年中の国内における日本人と外国人を合わせた全体の消費額は、26.7兆円で、内訳は日本人国内宿泊旅行が16.1兆円で全体の60.1%を占め、次いで日本人日帰り旅行が5.1兆円で構成比18.9%、日本人海外旅行の国内分が1.2兆円で構成比4.5%、訪日外国人分が4.4兆円で構成比16.5%となっている。

 総合満足度では78.0%の者が「満足」と回答しており、「具体的な不満」については「特にない」が34.9%で最も多いものの、不満点に関しては「宿泊施設」、「飲食店」、「土産」、「観光」の各項目について様々な回答があり、各項目別の満足度は総合満足度に比べ低くなっている。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
未来の新居を自宅にお持ち帰り? 進化、導入が加速するVR技術
訪日客の人気スポット。「自然景観」「神社・仏閣」が上位ランク
訪日客、2800万人突破、消費額4兆円突破。前年比17.8%
年末年始の帰省・旅行ドライブ、12月30日午前、1月2日午前に集中
訪日客、1~10月で約2400万人、既に昨年の年間合計を超える勢い

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードインバウンド

広告