ニューロンの新生、13歳ごろでストップか

2018年3月14日 10:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 記憶や思考を司るとされる脳の神経細胞ニューロンは一定の年齢までは新たなものが体内で作られるものの、それを超えると新生が停止するそうだ(Nature AsiaCNNNEW ATLASSlasjdpt)。

 ニューロンが一定の年齢に達すると新生されなくなることは今までも示唆されていたが、新たな研究によると13歳ごろでニューロンの新生は止まる可能性が高いという。

 この研究では死亡後もしくは手術時などに海馬から採取された59のサンプルを対象に調査を行った。その結果、妊娠14週間の胎児ではニューロンが海馬内で移動し成長していく様子が確認できたが、妊娠22週間までにニューロン細胞の移動が減少し、1歳までには未成熟なニューロンは少なくなっていたという。未成熟なニューロンが確認された脳組織の年齢は最大で13歳だったとのことで、この前後でニューロンの新生が止まるのではないかと見られている。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
動物の利口さは脳の大きさよりもニューロン数に左右される 2017年12月06日
人間とチンパンジーの脳の違いは10個のDNAにあった? 2015年02月25日
慢性的な睡眠不足による脳へのダメージ、寝だめは効果なし? 2014年03月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード神経細胞

「サイエンス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース