熊本モバイル、国内データ容量無制限のSimgo Mobileをビックカメラで先行販売

2018年3月6日 21:45

小

中

大

印刷

 熊本電力の関連会社の熊本モバイルは、Simgo Mobileが提供しているモバイルWi-Fiルーター「SG800」を、3月2日からビックカメラグループのWebサイトで先行販売を開始した。「SG800」は、国内と海外で利用でき、国内では容量無制限となるモバイルWi-Fiルーターだ。

【こちらも】スマホで音楽聞き放題、定額制音楽配信サービス「J:COMミュージック」開始

 「Simgo Mobile」という名称は国内ではあまり聞きなれないが、実力は折り紙付きだ。同社はモバイルWi-Fiルーター分野では世界で最先端の技術力を誇っている。2014年にイスラエルで創業し、現在、大手ホテルチェーンなど世界各国でサービスを提供している。

 熊本モバイルは、熊本発全国提供の格安SIM・スマホを取り扱うMVNOとして、Simgo社のバーチャルSIM技術におけるサービスの開発力、機能面の充実およびサービス品質などに早くから注目していた。今回、「SG800」を導入することで、国内ではデータ容量を気にせず通信ができ、海外でも面倒な現地SIMカードのスマートフォンへの入れ替えが不要となり、利用者の利便性を向上させる。

 国内では月額3,980円(税抜)でデータ容量無制限の使い放題。海外では、手続きは不要で、自動的にその国の回線を受信してWi-Fiが利用可能になる。海外使用時の料金は、海外のエリアを4つに分割。エリアごとに料金が異なるシステムだ。海外の場合1日512MBまで利用可能。(記事:久保圭大郎・記事一覧を見る

関連キーワードWi-Fi(無線LAN)格安SIMイスラエルビックカメラ

関連記事

広告